HOME>風俗営業許可申請トップ

風俗営業許可(根拠法 風営適正化法)

スナックやクラブ、料理店、パチンコ、雀荘などの風俗営業を営むためには、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(通称「風営適正化法」)により、公安委員会の許可が必要になります。
 
また、深夜酒類提供飲食店を営む場合は、公安委員会への届出が義務付けられています。
 
風俗営業には営業形態に応じた様々な許可や届出があり、その基準も厳しく定められています。
申請地およびその周辺の調査や、店舗の構造・設備の調査もあり、また図面の作成もしなければならないため、難易度の高い手続き申請です。
 
煩わしい書類作成は当事務所へお任せいただき、お店のオープンに向け、準備に専念してください。
 

風俗営業とは

風営適正化法第1条では、「この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業等について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制するとともに、風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進する等の措置を講ずることを目的とする。」
とあります。
 
簡単に言えば、後述する風俗営業許可の必要なお店に規制を加えることで、行き過ぎた風俗の予防をはかるもので、営業区間、営業時間を時間、及び少年の立ち入り等を制限するものです。
 
風営適正化法における風俗営業とは、以下の8種類を指します(風営適正化法第2条)。
 
風俗と聞くと、一般的には性風俗を連想しますが、風営適正化法では扱いが異なります。(一般に言われる「風俗」は、性風俗関連特殊営業と言い、営業するためには都道府県公安委員会への届出を必要とします。)
 
当事務所では性風俗関連特殊営業届出は取り扱っておりません。
風俗営業の飲食店は午前0時以降の営業ができません。0時以降の営業も行いたい場合は、深夜酒類提供飲食店の届出が必要ですが、接待行為はできませんのでご注意ください。
詳細はこちら >>深夜酒類提供飲食店営業届出
 

風俗営業の種類


1号

キャバレーなど

キヤバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業

2号

バー、クラブ、

客の接待を伴うスナック、

など

待合、料理店、カフエーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業(第1号に該当する営業を除く。)

3号

ディスコ、

ナイトクラブなど

ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業(第1号に該当する営業を除く。)

4号

ダンスホールなど

ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業(第1号若しくは第3号に該当する営業又は客にダンスを教授するための営業のうちダンスを教授する者(政令で定めるダンスの教授に関する講習を受けその課程を修了した者その他ダンスを正規に教授する能力を有する者として政令で定める者に限る。)が客にダンスを教授する場合にのみ客にダンスをさせる営業を除く。)

5号

低照度飲食店

喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計つた客席における照度を10ルクス以下として営むもの(第1号から第3号までに掲げる営業として営むものを除く。)

6号

区画席飲食店

喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの

7号

パチンコ店、スロット専門店、雀荘など

マージャン屋、パチンコ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業

8号

ゲームセンター、

ゲーム喫茶店など

スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(第7号に該当する営業を除く。)

 
icon許可の要件@へすすむ
 

 
 
iconページの一番上に戻る
 
HOME建設業許可農地転用許可申請事務所概要お問い合わせサイトマップリンク