HOME宅建業免許申請トップ

宅地建物取引業免許申請


不動産業(宅地建物取引業、以下「宅建業」という)を営む場合は、宅建業の免許を取得しなければなりません。
 
宅建業は免許制の事業であり、免許を持っていなければ宅建業を行うことが出来ないためです。
 
免許を取得するには書類作成、収集などの面倒な手続きが伴い、これだけでも膨大な時間と労力を必要とします。
 
本業の準備のために時間をかけ、こうした一度きりの手続きは専門家に任せた方が、スムーズに開業できます。
宅建業免許の取得要件のご相談から、取得後の開業、更新手続きまで、宅建業免許に関する事は当事務所にお任せ下さい。

宅地建物取引業とは


宅地建物取引業(以下「宅建業」という)とは、宅地又は建物について次に掲げる行為を業として行うものをいいます。
 
@宅地又は建物について自ら売買又は交換することを業として行うこと。
A宅地又は建物について他人が売買、交換又は貸借するにつき、その代理若しくは媒介することを業として行うこと。
 
免許が必要になる宅建業とは、上記@Aの行為を不特定多数の人を相手方として反復継続して行い、社会通念上事業の遂行と見ることができる程度のものをいいます。
 

免許の区分


宅建業の免許には、営業所の設置区域により、国土交通大臣の免許と都道府県知事の免許の2種類があります。
・国土交通大臣の免許・・・2つ以上の都道府県の区域内に事務所を設置して宅建業を営もうとするケース
・都道府県知事の免許・・・1つの都道府県の区域内に事務所を設置して宅建業を営もうとするケース
2つ以上の事務所があっても同じ都道府県内であれば知事免許となります。
 
宅建業の免許は個人、法人のいずれでも取得可能です。
 
 

 
 
HOME建設業許可農地転用許可申請事務所概要お問い合わせサイトマップリンク